身を粉にして働く風俗嬢に涙

待合室のドラマが好きなんです

待合室が好きだという人…特に風俗の待合室が好きって人は本当に風変りと言うか、少数派なんじゃないかなと思うんです。自分も風俗で遊び始めた頃は正直あまり得意ではないというか、いたたまれない気持ちになってしまうこともありましたので、早く自分が呼ばれないかな…と毎回のように思っていました。でも慣れてくると、待合室にも待合室のドラマがあるってことに気付いたんですよ。別に待合室の中で会話があるとかコミュニケーションを楽しむとかではなく、それぞれが相手の存在を意識せず、自分の板を待ちわびている一方で、楽しみたいという気持ちを抑えてやがて来るであろう楽しい時間のために自分の力を蓄積させているんです。言わば待合室と言うのは、これから始まる最高の時間のためチャージの時間でもあるんです。そのためにそれぞれが思い思いの時間を過ごしているって思ったら、なかなか面白い「ドラマ」が待ち構えている場所でもあるんじゃないかなと(笑)